診療メニュー

二重まぶた・目元眼瞼下垂手術

見た目の印象も変化してしまいますが、肩こりや弱視の原因にもなります。

眼瞼下垂とは

“以前より目が開けにくい”と感じる方は、眼瞼下垂の可能性があります。 原因は様々ですが、見た目の印象も変化してしまいますし、肩こりや弱視の原因にもなりますので、早めに治すことをオススメします。
眼瞼下垂とは、まぶたを上げる筋肉(眼瞼挙筋)が弱くなることで、まぶたが下がって目を開けにくくなる状態を言います。生まれた時から眼瞼挙筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂の他、加齢とともに起こる老人性下垂、白内障などの目の手術後、 コンタクトレンズを10年以上使っている人にも起こるようです。視界がさえぎられ、上方が見えにくいために普通よりも筋肉に負担がかかり、肩こりや頭痛の原因になることもあります。
眼瞼下垂手術とは、弱くなりのびきってしまった眼瞼挙筋を縫縮する方法です。傷は二重のラインになりますので最終的にはほとんど目立ちません。パッチリと開いた目元に戻したいという方におススメです。

こんな方におすすめです

  • まぶたが下がってきて目が開けにくいのを治したい
  • 上方の視界が遮られてきたのを治したい
  • パッチリと開いた目元に戻したい
  • 目の疲れから肩こりや頭痛がするのを治したい

治療について

治療時間

60~90分程度

腫れ

大まかな腫れ2、3日程度

痛み

2、3日程度

抜糸

7日目~

シャワー・入浴

シャワー 当日~(患部は濡らさない)
入浴 抜糸翌日~

メイク

抜糸翌日~

コンタクトレンズ

抜糸翌日~

料金

施術内容 料金
切らない眼瞼下垂法 330,000円
眼瞼下垂法 440,000円
眼瞼下垂法+切開二重法 550,000円

※血液検査代11,000円が別途必要となります。
※価格は税込表示となります。

PAGE TOP

お電話 LINE相談 WEB相談
予約