神戸中央クリニック

コンデンスリッチファット(CRF)

当院はCRF協会認定クリニックです。

こういった類似サービスの横行を阻止する一つの方法として、CRF協会では、純正の機器を使用して正規のプロセスを行っているクリニックに認証マークを与えています。 ホームページや雑誌広告で"コンデンスリッチファット注入"と紹介されていても、認証マークが確認できない施設では、この方法はやっていない、という事が皆様にも一目でおわかり頂ける様にしています。 当院の認可シールを「安心の証」としてご活用ください。

CRF(コンデンスリッチファット)が選ばれる理由

脂肪の定着率が80%にUP!!

従来の脂肪注入はもちろん、これまで最高峰といわれていた脂肪幹細胞注入を大きく上回る脂肪定着量を実現しました。

リスクを回避!!

独自のコンデンス(濃縮)技術で死活・老化細胞を取り除いた濃縮細胞を無菌状態で注入。しこりや脂肪壊死が起こりにくくなりました。

体への負担を軽減!!

手術時間は脂肪幹細胞注入の半分以下。 良質で新鮮な脂肪だけを注入する事で、術後のダウンタイムも大幅に削減しました。

CRF(コンデンスリッチファット)とは

吸引した脂肪から、しこりの原因となる死活・老化細胞などの不純物を排除し幹細胞を濃縮(コンデンス)し厳選された脂肪がCRF(コンデンスリッチファット)です。

アメリカFDA(日本の厚生労働省に該当する)の認可を受けた機器で、特許を取得しているウェイトフィルターを装着し、外気に触れると短時間でも汚染されたり弱ってしまい定着率を下げてしまう原因になっていましたが、こうすることによって、空気中の菌やホコリなどに触れない環境にでき、安全で、強く健全な脂肪細胞のみを抽出することができます。

ですので、今までの脂肪注入では30~50%の定着率が、CRF(コンデンスリッチファット)だと80%の定着率を生み出すことができるのです。


CRFとは

脂肪を注入

搾取された脂肪のみをそのまま注入するため死活・老化細胞を含み、脂肪壊死や石灰化のリスクがある。また。脂肪が空気に触れる為、感染症のリスクもある。

脂肪幹細胞注入

注入する脂肪に対して幹細胞の割合が多く、従来の脂肪注入のリスクが軽減される一方、幹細胞抽出時に採取脂肪の半分を無駄にするため、注入量が少ない。

コンデンスリッチファット注入

コンデンス(濃縮)技術により、死活・老化細胞のみを抽出するため、リスクを抑え、多くの脂肪が注入でき、定着量が最も多い。 さらにハイエンドとして、幹細胞の抽出&添加も行える。

ウェイトフィルターの特徴

ウェイト効果

ウェイトウェルターの重さによって、遠心分離の際に脂肪にかかる圧力は、通常の遠心分離の圧力の25倍になります。
この時老化した弱い脂肪細胞は圧力に耐えられず、排泄オイルになります。
耐えられた強く健全な脂肪細胞のみを抽出できます。
ウェイト効果

フィルタリング技術

ウェイトフィルターには、液体のみを通す小さな穴があり、採取した脂肪から注入には適さない排泄オイル(死活・老化細胞)を取り除くことができます。従来の脂肪注入では分類できなかった脂肪細胞をこのフィルターにより実現しました。
フィルタリング技術

空気に触れないプロセス

従来の脂肪注入は、採取から注入までに行う際脂肪は空気に触れた形で移動しておりましたが、コンデンスリッチファットは採取から注入までシリンジから出すことなく空気に触れない状態で行えます。
ですので、空気中に含まれる菌やほこりなどの不純物に触れる事なく行え、感染症等のリスクを大幅に削減しました。
空気に触れないプロセス

豊胸施術比較

  ヒアルロン酸注射 シリコンバッグ 脂肪注入 脂肪幹細胞注入 コンデンスリッチファット注入
治療内容 ワキの付け根、アンダーバストなどから、注射器でヒアルロン酸を注入する。 通常、ワキの下から、胸筋をはがしてスペースを作り、人工のバッグを挿入。 吸引した自分の脂肪を、専用の器具を使いバストに注入する。 吸引した自分の脂肪細胞から幹細胞を抽出し、注入用脂肪とともにバストに注入する。 吸引した自分の脂肪をコンデンス(濃縮)技術により、濃縮脂肪細胞(CRF)とし、バストに注入する。
適応 痩せ形から
肥満体型すべて
痩せ形から
肥満体型すべて
(ただし、痩せ形だと不自然になりやすい)
標準体型から
肥満体型まで
肥満体型のみ
(十分●取細胞があること)
痩せ形から
肥満体型まで
触感 グミのような触感
(脂肪より固い)
バッグの種類を問わず、多少の違和感があり。 自然
(しこりが生じることあり)
自然 自然
自由 バッグの形に依存 自由 自由 自由
サイズ 0.5カップ程度 2カップ以上も可能 0.5~1カップ程度 1~2カップ程度 1~2カップ程度
定着率 - - 約30~40% 約80%(●●●) 約80%(263例のデータ)
持続効果 1~2年で吸収される 半永久的
※●●●、同題があれば取出し
短い 長い 長い
主な合併症 しこり カプセル●縮 石灰化、脂肪壊死 少ない 少ない
メリット 注射をするだけの
即効性
短時間で、痩せ形でもすぐバストアップできる 脂肪吸引による
痩身効果もある
脂肪吸引による
痩身効果もある
脂肪吸引による
痩身効果もある

治療の流れ

専用シリンジで脂肪を摂取

(1) 専用シリンジで脂肪を摂取

専用のシリンジを使い脂肪吸引を行い、外気に触れないまま脂肪を採取します。

麻酔液を破棄

(2) 麻酔液を破棄

(1)のシリンジを10分間立てると麻酔液と分離するので、麻酔液のみ破棄します。

摂取した脂肪を遠心分離

(3) 摂取した脂肪を遠心分離

麻酔液を破棄したシリンジを専用機器で遠心分離にかけます。

脂肪が3層に分かれる

(4) 脂肪が3層に分かれる

遠心分離すると、上から排泄オイル(死活・老化細胞)、脂肪、血液や細胞膜などの不純物の3層に分かれます。

脂肪以外を破棄

(5) 脂肪以外を破棄

3層に分かれたうちの排泄オイルと不純物を破棄し、脂肪のみをシリンジ内に残します。

コンデンスリッチファットを注入

(6) コンデンスリッチファットを注入

シリンジに残った脂肪がコンデンスリッチファットです。希望の箇所に注入していきます。


症例写真

CRF症例写真CRF症例写真CRF症例写真CRF症例写真

料金表

モニター募集中

※全て税別価格となっております。

【全身麻酔 + 150,000円】 
※当院では安全性重視の為、専門の麻酔科医が付き添います。

Pagetop